2007年11月12日

「ALWAYS」と「HERO」

期限切れ間近の無料鑑賞券があったので、今日は絶対に映画行くと決めてました。

『ALWAYS〜続・三丁目の夕日』
続編が発表された時から、ずっと「続編作る意味あんの?」って思ってましたが、
完成するとやっぱり観たくなります。
テレビCMなんか見ててもおもしろいのは間違いないやろな〜とは思ってました。

がっ!開始直後からやられちゃいました。
あれはすごいわ。
最初っから釘付けです。
全編通していい映画だったと思います。
まあ、察しのいい方はお気づきでしょうが号泣でしたし。
ただ、今の僕の精神状態にはキツイ話だったかな。
例えようのない切なさで胸が苦しくなりました。
はぁ〜・・・・・ある意味、茶川がうらやましい。

しかし、日本てすごい国ですよね!
わずか4、50年ほど前の設定の話なのに、
ほとんどセットやVFXに頼るほど風景が変わってしまってるんだから。

『HERO』
ようやく観ることが出来ました。
これはおもしろかったな〜。
やっぱり久利生公平は木村拓哉さんのハマリ役ですね。
脇をかためるキャラの魅力も発揮されてたし、むちゃくちゃおもろかったです。

気の早い話だけど、DVD化する時はぜひともテレビSPを一緒につけて欲しいな。
「交渉人 真下正義」に「逃亡者 木島丈一郎」が付いてたみたいに!
あれを見てるのと見てないとでは、おもしろさが絶対に違いますから。
もちろんそれまでにテレビSPがDVD化されてないことが前提ですが。

で、問題?のラストカット。
友人達が言ってましたが、僕も全く同意見でした。
あれはいらないな〜。

それこそDVD化するときに特典映像として、
「幻のラストシーン」くらいにして欲しかったかな。

それ以外は僕の中ではかぎりなく満点の映画でした。
今日の2作品はDVD化したら買っちゃうでしょうね。
posted by SIRAKAWA at 23:15| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。